オール電化へののリフォーム(太陽光発電)

■ 太陽光発電 ■

太陽光発電太陽光発電は、太陽の光を電気エネルギーに変える「創エネルギー」システム。
発電して余った分は電力会社に売り、不足分は電気を買うことで電気代を軽減できます。システムは、屋根一体型と屋根置き型の2種類あります。

太陽光発電システムとは

太陽光発電システムの仕組み
1.太陽電池モジュール
このパネルを屋根に取り付けし、太陽の光を受けて電気を作ります。
2.接続箱
太陽電池モジュールでつくった電力を集めてパワーコンディショナに供給。
3.パワーコンディショナ
つくった電力(直流)を家庭で使える電力(交流)に変換。
4.屋内分電盤
電力を各部屋で使えるように送ります。
5.電力量計
発電して余り売却した電力(売電)量と、購入した電力(買電)量をそれぞれ表示します。

太陽光発電の特徴

石油や石炭は限られた資源であり、これらの化石燃料を使う火力発電では、地球温暖化の原因となるCO2を排出します。太陽光発電は、このどちらの問題にも貢献度の高いシステムです。太陽光発電の特徴

商品のご紹介

屋根置き型屋根一体型
シャープ サンビスタ NDシリーズシャープ サンビスタ 平板瓦一体型シリーズ
発電効率の高い太陽電池モジュールの屋根置き型。「切妻・陸屋根」対応タイプ、「寄棟屋根」対応タイプが選べます。

シャープ
サンビスタ NDシリーズ
瓦屋根との一体感を生む太陽電池屋根材。モジュール1枚の交換も可能で、メンテナンス性に優れています。

シャープ
サンビスタ 平板瓦一体型シリーズ
お問合せ・お見積もり